山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

上高地 中の湯温泉

仕事明けにいつもの高速バスに乗って、平湯温泉バスターミナルへ。
上高地行きの路線バスに乗り換えて安房トンネルを抜けると、「中の湯」バス停です。
宿の迎えの車を待ちます。
そこからはヘアピンカーブの連続。
軽く酔います…
中の湯温泉旅館(公式ホームページ)|上高地で通年営業の温泉旅館|日本の秘湯を守る会会員

f:id:yueguang:20201008113200j:plain
f:id:yueguang:20201008113233j:plain

宿の駐車場には、日本各地のナンバーがずらり。
駐車場入り口の木に彫った動物たちが見ごたえあります。

f:id:yueguang:20201008113300j:plain

想像していたよりも大きな建物でした。
中に入ると、改装して間もないのか明るくとてもきれい。
ロビーには大きな窓。
まるで映画のスクリーンのようです。
山を眺めながら、くつろぐことができます。
外には、ひまわりの種が入っている箱があり、野鳥が代わる代わるついばみに来ます。

f:id:yueguang:20201008114042j:plain
f:id:yueguang:20201008113407j:plain

上高地散策プラン(ペットボトルの水をもらえます)にしたので、部屋は2人だと少々狭いです。
トイレと洗面所はあります。
冷蔵庫はありませんが、自動販売機や売店で買えますので問題ありません。
それに洗面所の水は湧水で、キリッと冷たくておいしいですよ。
コロナ対策のため、到着時に布団が敷いてありました。
ひとっ風呂あびたら、すぐゴロンできるから大歓迎!



夕食は、鼻に抜ける香りも味もいいサーモン、ふっくら柔らかい岩魚の塩焼き、鴨鍋など。
ツレがサーモン苦手なので、2人分食べることができました。
連泊したので2日分、続けてご紹介します。

f:id:yueguang:20201008113459j:plain
f:id:yueguang:20201008113530j:plain

1日目は鹿刺し、2日目は馬刺しをつけました。
鹿刺しはあっさりとしていて臭みもなくて驚きました。
オススメは馬刺し!
ヒレ肉だそうですが、ねっとりしていてとてもおいしかったです。


中秋の名月にたまたま宿泊しており、食堂の窓から見えました。
白く冴えざえとした月がとても美しかったです。
寝る前に入った露天風呂でも、ずっと見上げていました。

f:id:yueguang:20201008113610j:plain
f:id:yueguang:20201008113645j:plain

大浴場は、22:00頃に男女が入れ替わるので、その前後は入れません。
お風呂、とっても気に入りました!
たぷたぷとあふれる源泉かけ流し。
硫黄の匂いがほのかにします。
ぬるめの露天風呂は、いつまでも入っていられます。
内湯は温度が2種類あり、最後に熱めの湯にとぷんとつかってから上がりました。
湯冷めしない。
最近気温が低くなってきていますが、いつまでもぽかぽかしていました。

朝は木々の間から射し込む太陽の光に、露天風呂から立ち昇る湯気がゆらゆらしていて、ぼーっと眺めていました。

無料の家族風呂もあり、鍵がかかっていなければ、誰でもいつでも入れます。
浴槽の大きさは、2人でちょうどいいくらい。

f:id:yueguang:20201008113740j:plain
f:id:yueguang:20201008113832j:plain

大浴場前にある椅子とテーブルの彫りが凝っています。

朝食は、香ばしい匂いを漂わせている朴葉味噌をご飯にのっけて。
2日目はふき味噌もついてました。
ごはんのおともがいっぱい!
でも…ご飯がもう少しおいしく炊きあがってると、なおいいんだけどなぁ。
少し固めなんです。
おにぎりになる(お弁当として頼めます)とおいしいのですが。

f:id:yueguang:20201008113910j:plain
f:id:yueguang:20201008113939j:plain

上高地の近くで通年営業してくださるので、とてもありがたいと思いました。
上高地のホテルなんて、ちょっと高すぎて登山客としては泊まれませんもん。
12,000円ほどで気持ちのいい温泉とおいしい食事がついて、個室でくつろげる。
登山の前日に泊まるなら最高だと思いました。

f:id:yueguang:20201008113338j:plain

ここに泊まり、焼岳に登ってきました。
続きます。