山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

新年初めての山歩きは

元日は仕事だったので勤務明けに、景信山に登りました。

仮眠でうまく眠れなかったけれど、高尾駅が近づくにつれてヒンヤリとしてきて目が覚めます。

高尾駅から小仏峠行きのバスに乗ります。

このバスに何度乗っただろう…今年もよろしくお願いします。

勤務明けだと、だいたい11:12のバスなんですよね。

他の時間帯は3本あったりするのに11時台はこの1本のみ。

乗り遅れては大変。

 

終点でバスを下車、トイレを済ませて11:33に出発。

舗装路の坂道をのんびり歩いて10分で登山口に到着です。

葉っぱが凍ってる。

f:id:yueguang:20210106193525j:plain

 

2020年は雪が降った後の餅つきに始まり、何度も歩いたこの道。

息が上がらない程度にテンポよく歩きます。

f:id:yueguang:20210106193624j:plain

冬は葉が落ちるので、低山でも驚くほど展望がいいんですよね〜。

冬の日だまりハイク、最高です!

 

この階段が出てきたら、山頂までもうすぐ。

f:id:yueguang:20210106193428j:plain

 

12:25 景信山

「高尾山はきっと混んでいるから」

と選んだ景信山でしたが、山頂には思いのほか、子どもの姿が多い。

なるほど〜、みんなのお目当てが分かりました。

「無一郎くんと撮ってぇ!」

そうです。

景信山は「鬼滅の刃」の柱のひとり、時透無一郎くんの出身地という設定なのです。

そのために登ってきたんだ、この子たちは。

すごいなぁ、がんばったね。

等身大のパネルがあったら、列ができそうです。

実現したら、私も並びたい!

f:id:yueguang:20210106194442j:plain

ちなみに主人公の出身地は、東京都の最高峰(山頂は埼玉県と分け合っています)の「雲取山」です。

こちらは標高が2017mで、けっこうロングルートです。

早くから登っても、今の季節では明るいうちに下山は難しいでしょう。

山に慣れていないと日帰りは難しいです。

 

都心方面の展望も良好。

f:id:yueguang:20210106193934j:plain

 

まず、富士山に今年の登山の無事を祈ります。

f:id:yueguang:20210106194059j:plain

 

さて、お腹がすきました。

富士山を正面に見ながらのテーブルが空いていました。

ホットサンドを作りましょう。

具は、スライスチーズと、仮眠から寝坊して食べられなかったベーコンエッグ。

寒いので茶屋のなめこ汁を注文。

いつもおいしい。

f:id:yueguang:20210106194145j:plain

 

正月だから、最中も持ってきたんだ~。

あ…割れてる…食べれば同じだ。

甘さ控えめのあんこを入れて。

f:id:yueguang:20210106194254j:plain 

はぁ~、お腹いっぱい。

ここからどうしようかな。

高尾山に向かう気はしないんだよなぁ。

さっき、おじさん達も「高尾山、混んでたなぁ」って言ってたし。

まだ歩き足りないし、陣馬山に向かおう。

 

13:00 出発

霜柱が土をぐいっぐいっと持ち上げています。

ちっちゃい頃は踏んだときの音が好きで、よく近くの森の中に入って踏んだなぁ。

f:id:yueguang:20210106194649j:plain

あ!!

シモバシラだ。

さっきのは霜柱、漢字です。

これはカタカナ。

ティッシュのゴミじゃないですよ。

繊細で美しい、青白い光をおびてさえ見える氷の花です。

自然の造形って、ほんとにすごい…と見るたびに思います。

f:id:yueguang:20210106194811j:plain

f:id:yueguang:20210106211935j:plain

そこかしこに咲いてる!

こんな時間で残っているなんて、今日は冷えてるんだなぁ。

久しぶりに見た、こんな数。

高尾山の山頂から一丁平への道にも、10年以上前は斜面にたくさん咲いていたんですよ。

気に入った形を写真におさめようとするのか、ロープをまたいで斜面に踏み込んでしまう人がいたようで、根っこが踏まれた茎はもう水分を吸い上げることができず、もう咲くことができなくなってしまったそうです。

今は、ところどころにぽつんとあるだけです。

そうか、ここでは、まだ見ることができるんだ。

登山道から外れることなく、これからもシモバシラを楽しみたいです。

本当にきれいだから。

f:id:yueguang:20210106194848j:plain

 

f:id:yueguang:20210106194917j:plain

足元のシモバシラを見つけつつ、いい道をのんびり歩きます。

幸せだ。

f:id:yueguang:20210106195018j:plain

 

13:45

堂所山の山頂への分岐です。

根っこもりもりの坂です。

f:id:yueguang:20210106195052j:plain

 

13:50 堂所山

少し登山道から分かれるせいか、誰もいない。

前後にいた方たちは先に行ってしまいました。

しばし、のんびりしましょう。

f:id:yueguang:20210106195132j:plain

前に見える山々の名前が分かればいいのですが、私は山座同定(山の形などでらどの山か判断すること)が苦手です。

なので、ただ眺めているだけです。

14:00 出発

 

14:15 底沢峠

 

14:20 明王

茶屋は無人でしたが、トイレはあります。

f:id:yueguang:20210106195211j:plain

 

15:00

陣馬山の山頂に到着~。

なんかすごく久しぶりな気がします。

いつの間に、陣馬山から陣場山になってしまったのだろう。

山頂の馬はどうすればいいのよ。

f:id:yueguang:20210106195244j:plain

山頂には通年営業(週に一度休み)の茶屋と、土日祝のみ営業の茶屋の2軒があります。

大きな椎茸がどーんとのっかったお蕎麦、おいしそうだったな…また土日祝に来ることがあったら、そのときは食べようっと。

f:id:yueguang:20210106195314j:plain

15:10

青空を満喫し、下山します。

陣馬新道は、舗装路に出る少し手前の橋が崩落しているため、通行止めとなっています。

f:id:yueguang:20210106195350j:plain

 

15:55

舗装路を歩き、バス停に到着。

舗装路って長く感じるんですよね…

 

景信山からは、歩いている人はまばらでした。

「混みそうな高尾山はちょっと…でも都心からもアクセスしやすいこの山域がいい」

という方にオススメしたいルートです。

 

間もなくやってくる寒波は、この低山にも雪を降らすのでしょうか。

スギとヒノキの花粉シーズンも間近。

そして、また緊急事態宣言が発出してしまいます。

その前に、高尾山の薬王院へ初詣をすませてきました。

また次回に。