山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山でもお役立ちポンチョ

いくら最新技術の結晶のレインウェアが蒸れにくいといっても、下があいているポンチョにはかなわないですよ。

そりゃ着ないで済むのがいちばんいいですが、風の強い稜線歩きがなく「今日は森を歩くだけなんだけどなぁ…レインウェア暑いなぁ…」なんてときに活躍します。

上高地から登るときの初日に雨マークがついていたら迷いなく、ザックにポンチョも入れます。

もちろんその後の行程のためにレインウェアも持つので、グラム単位で荷物を軽く!と思っている方には向きませんが、暑がりなもので。

ポンチョ大好き。

 

f:id:yueguang:20190224204403j:plain

雨でも快適に歩けるよう工夫していきます

さらにポンチョのいいところを力説します。

余裕があるサイズを選べば、ザックを背負ってから着ることができるからザックが濡れない。 

中のものを取り出すときにザックカバーを外すのって、意外と手間なんですよね。

濡れてるし、それをまたかけ直さなくてはいけないし。

不器用なので、外すときにビシャッと水滴がはねたりします。 

 

ポンチョを選ぶなら、かぶるタイプではなく前開きを!

かぶるのは、脱ぐとき着るとき大抵濡れます。

着脱のしやすさ、比べものになりませんよ~。

 

 

 

私がつかっているのも、前開きのファスナータイプです。

ボタンよりはファスナーの方が、雨水の侵入を防げますし開閉のしやすさを考えてもファスナーだ!と思って買いましたが、やはり使いやすい。

 

台風の通勤でも背中の荷物は濡れませんし、丈が長いので足元をレインブーツにすることができれば、濡れる面積は小さいです。

 

山だけでなく、日常で使えるシーンを思いつくとなんだか嬉しくなります。